「地球1個分の暮らし」って?


どろんこ村、そしてOPTIONが目指すのは「地球1個分の暮らし」です。

と言われて、皆さんはどういう意味か、わかりますか?


これは「エコロジカル・フットプリント」という考え方がもとになっています。

エコロジカル・フットプリントとは、人間が地球環境に与えている負荷の大きさを測る指標のことです。


2018年に発表されたエコロジカル・フットプリントによると、世界中の人がいまの日本と同じような暮らしをしたとすると、地球が2.8個分必要になると言われています。


でも、地球は1個しかありませんよね…?


実際のところ、今の世界のままでは地球が1.5個分必要だとされており、これは2030年代半ばには地球上の資源をすべて使い果たしてしまう、ということなのです。


私たちが生きていくためには、食糧や水、電気などのエネルギーといった資源が欠かせません。

これらはみんな、海や森や山の自然の恵みがあってこそ手に入るものです。


私たちは、限りある資源をみんなで分け合っています。


でも快適さや便利さを求めて、資源を使い過ぎていませんか?
消費の裏側にある過程から目を背け、誰かを傷つけていませんか?
地球の未来の問題を、他人事だと思っていませんか?


だから、ここではまず自分たちの暮らしの中から、できることをやっていきたい。


それが「地球1個分の暮らし」なのです!


こう聞くと「なんだかそれって大変なんじゃない?」とか「我慢して、不便な暮らしをしないといけないの?」と思う人もいるかもしれません。


でも、それは大きな間違い!


ここでの暮らしは、ゆとりがあって、心地が良くて、美味しくて、楽しくて、あったかい

自分にとっても、誰かにとっても、地球にとっても、無理がない “豊かな” 暮らし。


そんな生き方を見つけられる場所を『OPTION』は目指しています。


ひとりで始めるのはちょっぴり大変だけど、仲間がいれば大丈夫。

いきなりはハードルが高いから、まずは遊びに来てみてください!


一緒に、「地球1個分の暮らし」をはじめましょう!

OPTION|どろんこ村のシェアハウス

渥美半島で「地球1個分の暮らし」をしている渥美どろんこ村。 そこに新しく、若者向けのシェアハウスができました! 持続可能な暮らしを目指し、"実践" と"発信" を通して自分らしい生き方を探しています。 ー 育てて、たべる。暮らしを、つくる。 有機的で豊かなつながりに溢れた家で、新しい暮らしの『選択肢』=『OPTION』を見つけてみませんか?

0コメント

  • 1000 / 1000