BLOG

Q1.どろんこ村とOPTIONは違うんですか?

A1.OPTIONは、どろんこ村が若者のために作ったシェアハウスです。
どろんこ村の一部ですが、独立した生活をしていて、場所も少し離れています。


Q2.どろんこ村とOPTIONは距離的に近いですか?

A2.車で約7分、徒歩で35分ほどの距離にあります。
どろんこ村の田畑や豚舎はOPTIONのすぐそばにあり、その田んぼの一部を借りて自分達が食べるお米を作っています!

Q3.OPTIONで農業体験はできますか?

A3.OPTIONでやっているのは「農業」ではなく「農的暮らし」です。
プロの農家として農業体験といったサービスを提供することはできませんが、シェアハウスの畑や田んぼ、鶏などに関わる農作業であれば一緒にできます!

「農業」… 販売を目的に農産物を生産すること。農業をする人=農家。(どろんこ村は農家です!)
「農的暮らし」… 生業としてではなく、自分が食べるものを育てたり、自然の循環を感じられる地に足のついた暮らしのこと。自給自足や半農半Xなど!


Q4.豚のお世話はできますか?

A4.現在、OPTIONでは豚は飼っていません。
豚のお世話や本格的な農業体験、ファームステイに興味がある場合は、どろんこ村にお問い合わせください!

Q5.OPTIONに泊まりながら、どろんこ村の体験はできますか?

A5.空き状況に応じて可能です。
どろんこ村での体験については、直接どろんこ村へ問い合わせください!
*渥美どろんこ村 ℡: 0531-37-0996 (「●月●日にOPTIONに泊まるつもりなのですが、その時にどろんこ村の体験もしてみたいです」とお伝えください。)


Q6.OPTIONへはいつでも遊びに行っていいですか?

A6.申込フォームにご記入いただき、事前に日程調整をお願いします。
平日はそれぞれ仕事があるので、休日(土日祝)のお越しをおすすめします。(特に到着日は、休日または金曜日にしてくれると嬉しいです!)


Q7.OPTIONの行き方を教えてください。送迎はありますか?

A7.「ACCESS」ページをご確認ください!


Q8.駐車場はありますか?

A9.あります。車でお越しの場合は、事前にお知らせください。


Q9.食事はつきますか?

A9.こちらにある食材を使って各自で自炊をお願いします。土日や夜など、住人も時間があった時はごはんを一緒に作ったり、シェアしたりしています。


Q10.滞在費や食費はかかりますか?

A10.「遊びにいく」ページをご確認ください!


Q11.お風呂はありますか?

A11.あります(浴槽、シャワー、シャンプー&コンディショナー有)

備品について

◎設備
 冷蔵庫、電子レンジ、洗濯機、ドライヤー、布団、ベッド、Wi-Fi
◎アメニティ
 シャンプー、コンディショナー、歯ブラシ、歯磨き粉、バスタオル、フェイスタオル
◎掃除道具
 ほうき、ちりとり、クイックルワイパー、雑巾
◎その他
 作業着(サイズが合えば)、長靴(サイズが合えば)、スリッパ、軍手、農具


Q12.子供連れでも大丈夫ですか?

A12.はい!ただし、お子さんのお世話や安全面への配慮は、住人各々できる範囲での協力になります。ご了承ください m(_ _)m

Q13.キャパは何人ですか?現在、何人で住んでますか?

A13.長期の場合、最大4人まで入居可能です。短期の場合はそれ以上もご相談ください。
現在、2人が長期住人として住み、短期住人は問い合わせに応じて順番にご案内しています。(2021年9月現在)


Q14.日帰りの体験や見学は出来ますか?

A14.タイミングが合えば可能です。OPTIONツアーや畑、田んぼ、鶏の世話などの作業に参加可能です。ぜひご相談ください!

Q15.田舎での地域交流はできますか?

A15. 定期的な交流会などはありませんが、地域の方と交流をしている住人もいるので、タイミング次第になりますが、機会があるかもしれません。


Q16.移動手段は?車は必要ですか?

A16.送迎は可能です、ご連絡ください!滞在中の生活スタイルによりますが、車がなくても生活できます。
最寄りのスーパー・コンビニへは徒歩30~40分、自転車で15分程、ドラッグストアや海までは徒歩約1時間、自転車で30分程かかります。

共用の自転車が2台あります。買い出しなどは、車を持っている住人がまとめて買いに行ってくれています。


Q17.周辺の観光スポットを教えてください!

A17.定番・おススメは伊良湖岬です。恋路が浜や伊良湖東大、美味しい魚介類やかき氷が食べられます。赤羽ロングビーチでのマリンスポーツや、蔵王山の夜景、サンテパルク、道の駅もおすすめです!


どろんこ村、そしてOPTIONが目指すのは「地球1個分の暮らし」です。

と言われて、皆さんはどういう意味か、わかりますか?


これは「エコロジカル・フットプリント」という考え方がもとになっています。

エコロジカル・フットプリントとは、人間が地球環境に与えている負荷の大きさを測る指標のことです。


2018年に発表されたエコロジカル・フットプリントによると、世界中の人がいまの日本と同じような暮らしをしたとすると、地球が2.8個分必要になると言われています。


でも、地球は1個しかありませんよね…?


実際のところ、今の世界のままでは地球が1.5個分必要だとされており、これは2030年代半ばには地球上の資源をすべて使い果たしてしまう、ということなのです。


私たちが生きていくためには、食糧や水、電気などのエネルギーといった資源が欠かせません。

これらはみんな、海や森や山の自然の恵みがあってこそ手に入るものです。


私たちは、限りある資源をみんなで分け合っています。


でも快適さや便利さを求めて、資源を使い過ぎていませんか?
消費の裏側にある過程から目を背け、誰かを傷つけていませんか?
地球の未来の問題を、他人事だと思っていませんか?


だから、ここではまず自分たちの暮らしの中から、できることをやっていきたい。


それが「地球1個分の暮らし」なのです!


こう聞くと「なんだかそれって大変なんじゃない?」とか「我慢して、不便な暮らしをしないといけないの?」と思う人もいるかもしれません。


でも、それは大きな間違い!


ここでの暮らしは、ゆとりがあって、心地が良くて、美味しくて、楽しくて、あったかい

自分にとっても、誰かにとっても、地球にとっても、無理がない “豊かな” 暮らし。


そんな生き方を見つけられる場所を『OPTION』は目指しています。


ひとりで始めるのはちょっぴり大変だけど、仲間がいれば大丈夫。

いきなりはハードルが高いから、まずは遊びに来てみてください!


一緒に、「地球1個分の暮らし」をはじめましょう!


愛知県、渥美半島のまんなか・田原市に「渥美どろんこ村」はあります。

どろんこ村では、農家として『地球1個分の暮らし』を実践しながら、都会に住む子供や家族を暮らしの中に受け入れて、持続可能な生き方や価値観を社会に発信しています。

1997年からファームステイや農家体験、小中学校の受け入れ、大学のゼミとの連携など、活動の輪を広げてきました。近年ではファームステイの卒業生や研修生が独立し、新規就農をするなど嬉しい実りがありました。


これまで培ってきた経験と『地球1個分の暮らし』の哲学を次世代に受け継ぎ、より大きく広げていくために浮かんだのが若者向けのシェアハウスという発想でした。


今の若者たちは、多感な時期に東日本大震災や多くの自然災害、またコロナウイルスなどの変化を経験しています。また、確実に迫りつつある地球の限界、社会の課題を真っ向から受け止めて生きていく世代です。


「持続可能な社会にしていきたい。」
「自給自足の暮らしをしてみたい。」
「自分たちが変化を起こさなければならない。」
「今とは違う”豊かさ”の中で生きていきたい。」

そう感じている人は少なくないはずです。

「でも、どうやって…?」


そんな時、同じ想いを持つ若者が集まり、異なるバックグラウンドを持つ同世代・異世代と共に暮らす中で、自分なりの生き方を見つけられる場所になったら良い。

そんな想いからどろんこ村のシェアハウス『OPTION』を作ることにしました。

山、田畑、海、青空に囲まれた自然豊かな渥美半島で、大きな古民家を自分たちの手でリノベーション(改装)してシェアハウスにします!

食べものも、暮らしも、仕事も、繋がりも、試行錯誤しながら自ら作り出す。

失敗したっていい。今までの「当たり前」を突き破って、やりたいことをやって生きていく。

アオくて、アツい若者の挑戦が始まります!

活動の様子はこのブログや、『OPTION』のFacebook・Instagramでも発信していきますので、フォロー&応援していただければ幸いです!